NEWS

Press Release

2023/11/20

MG-DXのオンライン調剤サービス「薬急便」、NeoXの処方せん入力支援サービス「薬師丸賢太」と連携を開始 ーオンライン受付時の処方データの入力業務を自動化ー

株式会社MG-DX (本社:東京都渋谷区、代表取締役:堂前 紀郎、以下「当社」)は、オンライン調剤サービス「薬急便」(やっきゅうびん)において、NeoX株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:何 書勉)が提供する調剤薬局向け処方せん入力支援サービス「薬師丸賢太」(やくしまるけんた)と連携したことをお知らせいたします。


従来のオンライン受付における受付業務では、店頭受付と同様にレセプトコンピューター(以下、レセコン)への処方せんデータの手動入力、もしくはOCRを活用する場合は紙の処方せんのスキャンが必要でした。そのため、入力作業に時間を要する、入力ミスが発生する確率が高まることに加えて、オンライン受付の場合は画像データの印刷作業が必要であるなど、業務負担が増加していました。


このような背景から、「薬師丸賢太」と連携することで、オンライン受付における処方データの入力作業の負担を軽減し、薬局・患者さん双方にとっての利便性向上を実現します。

本連携では、患者さんから「薬急便」経由で送信された処方せん画像をそのまま用いて「薬師丸賢太」でAI-OCR解析を行うことで、オンライン受付と同時にレセコンへの処方データの自動反映を可能にしました。

処方せん画像はQRコードの有無、手書き関係なく全てに対応しており、操作不要でレセコンに情報が反映されます。必要な作業は反映されたデータの確認・修正のみとなり入力業務の削減・効率化に繋がるほか、従来の入力時間を確認業務に充てることができ、入力ミスなどのヒューマンエラーを防止することができます。

また、受付作業がスムーズになることで調剤開始までの時間が短縮され、患者さんの待ち時間短縮も図れることで調剤薬局に対する満足度の向上も期待できます。


当社では、今後も各企業・サービスとの連携を強化し、患者さんと薬局双方にとってより利便性の高いサービスを提供することで調剤DX推進を支援してまいります。




■オンライン調剤サービス「薬急便」について

アプリのダウンロード不要で使えるオンライン診療・オンライン服薬指導・処方せん事前送信ツール。

「患者さんの利便性」を重視したサービス設計で、ブラウザで利用できるため、医療機関のホームページや各種SNS、Googleマップなどの地図サービスだけでなく、企業公式アプリやLINEミニアプリへの組み込みも可能となっており、患者さんが普段利用しているあらゆる情報収集手段に導線を設置することができます。

プロダクトサイト https://yqb.mg-dx.jp/


■ 処方せん入力支援サービス「薬師丸賢太」について

「薬師丸賢太」は医療業界に特化した最先端の高速文字認識(OCR)と物体認識を可能にしたAI視覚理解エンジンを用い、調剤薬局で利用するレセプトコンピューターへ処方箋内容を高速かつ正確に自動で情報を出力することで、薬局事務の処方せん入力作業を支援するソフトウェアです。

マルチデバイス連携といったユビキタスコンピューティング技術で薬局業務の効率化、処方せん入力作業のミス削減を実現します。

プロダクトサイト https://yakumaru.ai/


【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社MG-DX 広報担当 pr@mg-dx.co.jp